Diary : おんなのSSW / by Mankichi Shinshi

最近ちょこちょこ音楽系のライブを見に行っている。たまたま女性シンガーソングライターばかりだけど三者三様で面白い。

 

10/3 青葉市子

相 変わらず安定感ある。メジャーな人たちとのコラボも多く、以前より見た目も垢抜けた印象。こんな風にクラシックギター弾けるようになりたい。やっぱあれよ ね、定番曲をいかにうまく弾くか、とかそういうのはつまらんよね。自分のやりたりようにやった結果を見たい聴きたい。でも歌のカバーはときにドラマチック に見えるから好き。NHKのど自慢好き。

 

10/4 島崎智子

相変わらず安定感ない。この日も前半は泣ながらグズグズ。でもそういう未完成なものを見に行ってるんだろうな、と自分は思う。歌と生活が切っても切れないくらいにべっとりとくっついてて、何歌ってても「これが私の生活!人生!」みたいな感じで迫ってくる。たまに後味悪いけどまた見たくなる。健康であってほしい。

 

10/17 柴田聡子

最近山本精一プロデュースでニューアルバム出しててすごくポップでいい感じ。ポップとい う言葉がよく似合う。歌詞の屁理屈みたいな世界観もいいしメロディも聴きやすい。ネタ切れしそうにない作風ではあるんだけど10年後もこんな感じでやって るんだろうか…。そしてプロデュース側の山本精一もソロの歌ものだしてて「いままでになくポップ!」っていう前評判だったから羅針盤より明るい感じのを期 待してたけど最近の弾き語りにちょっと音数増えて明るくなった、くらいの印象。地味だけど聴いてるうちによくなるやつや。

女性SSWついででいうとそろそろ大森靖子見たい。前回は鶴舞公園のフリーライブだったかな?なんとなく最近の風潮としてこれ聴いてたら痛いヤツ、みたいな感じあるけどそういうのも承知でたまに見たくなる。いま一番勢いがある!みたいな言い方はすごく陳腐だけど進行形で年1くらいの頻度で見たい人。

あと、ソフィ・カルの個展見た。よかった。

あと、タイで捻挫した。痛かった。まだ痛い。