News & Diary

Travel Diary in Shanghai, Day 2 : 上海オロナインズ。

上海真正面シリーズ:育み。

8月10日(月)

女性数人がシェアハウス兼オフィスとして使っている部屋があって、そこの一角に切りっぱなしの前髪がワサワサと積まれ、なぜかゴキブリと蜘蛛が大量発生した、という夢を見ながら清々しく起床して俺の上海2日目は始まった。

午前中仕事系の作業をいくつかこなし、昼頃そろそろどっか行こうかと思って外を見ると雨。昨日よりもひどい。そして一向に止む気配もない。あまり暑くないのはいいのだが傘さすと写真撮りにくいし歩きにくいし何より不快で国の印象まるごと悪くなっちゃいそう。

上海真正面シリーズ:グロいの。

なのでまぁ近場で飯食って気力があればちょっとフラフラして無理だと思ったらまた宿に戻ってこようと思った。だからオロナインは塗らなかった。おっ と一応補足しておくと数年前から陰部(主に睾丸両サイドと内腿)のあたりが歩きすぎるとスレて真っ赤になるような状態でして、いわゆる股ズレ?どちらかと いうと玉ズレ?なので、長距離歩きそうなときはあらかじめオロナインを塗りこんでおくという習慣があるのよ。歩くときは1日で5〜10時 間くらい歩くから結構痛くて…。つまりアレよね。デブってことよね。わかっちょる。自分でもわかっちょるよ。以前はボラギノールでやってたんだけどなんと なく今はオロナイン。なんでも治りそうやし防げそうな万能感あるよねこいつ。一度ムヒで試したことあるけどヒリヒリして痛いだけだった。

上海真正面シリーズ:グロい入り口。

で、外に出てみても相変わらず雨が止む気配もなく、まぁ昨日前フリもしたからネタ成立のためにも、と思って駅の近くのマクドナルドに入ろうとしたん だけど人多すぎ。昼時だったし中国だし、しかたないか、と思ってそのまま電車で出かけることにした(結局夜までホテルには戻らなかった)。行き先はバン ド?とか呼ばれる地域。よくある上海といえばコレ!みたいな近未来的なビルがニョキニョキ生えてるところの川挟んだ手前の地域。南京東路駅から徒歩なんだけど雨が強すぎてホント萎える…そしてこのあたりは詐欺師っぽい人が多くて計20人くらいに「ロレックス、オメガどうよ?」とか「マサジー、マサジー、セクシーマサジーどう?」とか声をかけられる。俺は雅二じゃねぇ!と強気に振り切ったり、ちょっとニコニコして話聞いてみるけどあやしすぎるから途中から全部無視(それでも50mくらいあるくとどこからともなく現れる)。雨の中を歩き続けた。

上海真正面シリーズ:津波到来。

もしかしたら他にもそう感じた人いるんじゃないかと思うんだけどこのあたりって香港のネイザンロードのあたりにすごく似てる。大きめの通りがまっすぐのびて、対岸にビルニョキニョキ地帯がある水辺に出る、というシチュエーションまで一緒。こりゃデジャ ブりますわ。関係ないけどネイザンロードって名前なんかかっこいいよね。伝説の道、ネイザンロード。最後のボス倒した後に到達した桃源郷的な街の真ん中に 真っ直ぐのびてそうよね。ちなみに宿の近くにも川があってそのあたりは博多のキャナルシティとか中洲とかのあたりにすごく似てる。大阪人なら道頓堀ってい うかもしれないけどそこまで派手でもない。中洲くらい。

上海真正面シリーズ:漢字とブロック。

…でも雨は雨。けっこう風も強くて両手でカメラ構えられないからこの日は結局9割くらいはGRで撮ることになる。あ、もうこの辺からダラダラ歩いただけなのであとはトピック形式で。

■お茶難民

手 短かにまとめると最初のメシはバンド付近の欧米人向けカフェ的なところで食べたグリーンカレー。うん、タイランドだね。そして夕飯は日本人が多く住むとい う地域で入った横浜家系ラーメン。うん、日本だね。なので口にした中国っぽいものはペットボトルの飲み物くらい。こっちのお茶は甘いのばっかりでがっかり する。俺こそが緑茶だ!と自信ありげなパッケージなのに飲むと甘い紅茶みたいなヤツ。そういうのもいいけどちゃんと甘くないのも売ってくれ。買うたびに違 うので試してるけど全部甘い。もう水しかないのか。

上海真正面シリーズ:ブラインド・ザ・シティ

■WiFi難民

昨日もネット環境だめだ、って書いたけど宿だけじゃなくてカフェとかその辺の野良WiFiでもやっぱりだめだ。で、遅いながらもネットで調べてみると中国での規制が主な原因のようだ。Google、Twitter、Facebook、YouTube、LINEは基本的にアウト(なぜかLINEはたまに通じる)。なので検索エンジンをYahooに切り替えて、マップもiPhoneに入ってたApple純正のやつに切り替えたらちょっとだけ使えるようになった。まぁ気休め程度だけどね。現地人は別の回線あるとしても欧米人はこんなので満足出来るんだろうか?他の東南アジア諸国と比べても最低ラインだと思うが。

上海真正面シリーズ:救済活動。

■シャンプー難民

宿のシャワーの脇にはボディソープのボトルが壁に固定されてるような、いわゆるホテルっぽいやつがあるんだけど、これがシャンプーと兼用なのよ。まぁ自分はいつもそうだからいいんだけど嫌な人は嫌だろうね。でも問題はワンプッシュで出る量が少なすぎること。全身洗うまでに50プッシュくらいした。…というのは昨日の話で、今日は気合い入れて最初から大量に出してやろうと猛プッシュしたら3プッシュ目くらいでとれてはいけないところがとれて次のプッシュで大破した。昨日の50プッ シュに耐えたのに今日急にこんなことになるなんて…。きっと掃除夫の陰謀に違いない。部屋の掃除のときに細工したんだろう。日中関係の悪化を目論む何者か の手先だ。しかしその手には乗らん、とばかりにそっと部品を元あった場所に被せ(あくまでも被せただけ)、様子を見ることにする。

上海真正面シリーズ:桃源郷休業日。

■撮れ高難民

昨日より色々撮れた気がするけどGRだけだと気分乗らないし雨嫌だしでまだまだ不調。コレだ!って感じのは撮れてない。明日も雨らしいので今日と同じような感じかと思うと萎える。今回萎えてばっかりだ。なんとなく日に日に旅日記も短くなっていく気がする…。TVで卓球見ながら寝る。