News & Diary

Travel Diary in Shanghai, Day 5 : みんななにしてんのさ。

上海緑地シリーズ:裸父

8月13日(木)

最終日は宿をチェックアウトし、宿から歩いて遠くの駅をめざし、また3日目と同じマッサージ屋さんに行って(前回とは別の施術師さんで、レベル3のくせにあまりよくなかった)、その下のフロアにあった「九州屋」という日本料理屋さんで寿司と担々麺食べて空港に向かった。途中気づいたら電車が折り返してて無駄に1時間くらいロスして離陸30分前に空港につく、というギリギリの事態になっちゃったんだけど結局飛行機自体が1時間半くらい遅れてて助かった。以上。やっぱこういうのは毎日書かないとだめやね。夏休みの宿題のようにまとめてやろうと思うとこんな感じでしりすぼみになっちゃうね。みんなもコツコツがんばろうね。

上海緑地シリーズ:落ち込む少年

一応全体的な感想を。アジアの街を歩くといつも思うんだけど、あの人何やってるんだろう、という人が多い。寝てる人、座ってる人、なんかよくわから ないけどそこに立ってる人。たぶんそう感じるのは日本にそういう人が少ないからだろうな。日本では家の外に出るのに目的がいるらしい。どこかへの移動とか 用事のためではなく外にいるのは不審者、みたいな考え、ちょっとあるよね。

上海緑地シリーズ:落穂拾い

老人とかはたまになんとなく座ってたりするけど、だいたいの人は誰かを待ってるとかの目的がある。何もないなら家にいろ、と。子どもたちもアジアで は深夜でも遊びまわってるのがいっぱいいるけど(あれは全部ストリートチルドレンなのか?)、日本では日が沈んだらみんな帰るよね。安全に対する意識の違 いなのか、そういう文化とか人間性の問題なのか。単純に人口密度の違いかもしれないけど、写真撮り歩くのならいろんなところに人がいてくれる方が嬉しい。 特に上海は昼でも夜でも比較的安全な印象だった。もっと中心街から離れたところに行けば変な輩もたくさんいるんだろうけど。

上海緑地シリーズ:辛い練習

まぁしばらくは再訪することはないだろうけど飯とネット環境がどうにかなればまた行ってみたいな。でも行くならまず北京かな。勝手なイメージだけど もっとどんよりしていそうな感じ。謝謝。とかなんとか考えてるところで天津大爆発事件が起きた。中国は何かと爆発するとか言われてたけどそんなことねぇ じゃん、って思ってたらこれだよ。帰国してから知ったんだけど…天津行かなくてよかった…。

上海緑地シリーズ:警備

上海緑地シリーズ:潜む家族

上海緑地シリーズ:女待ち

上海緑地シリーズ:いえーい

で、帰国翌日に以前注文していたGreg Girardの「Phantom Shanghai」って本が届く。遅いよ。都市のコントラストっていう意味では自分も似たような絵を探してたんだけどすごく踏み込んで撮ってるなぁ、って 感じた。自分はもっと表面から撮ってますが…どうまとめられるか…乞うご期待。この人いろんな街で撮ってて面白いので見てみてちょ。  http://www.greggirard.com/

いま諸々上海写真を編集中。最近興味のあったAlexander GronskyZhang Kechunを 頭の片隅に置きながら撮った「都市と人」のコントラストのようなものをうまくまとめたいのだが…上記2名のように(おそらく)綿密なロケハンに基づくもの ではないお散歩スナップなのでどこまで力強いものに仕上がるか…。今回はあえてコントラスト低めに現像して絵面のインパクトは最小限にとどめた感じにする 予定。