Diary : ぴくちゃんすー / by Mankichi Shinshi

チャンピックス、と聞いてピンとくる人はきっと経験者、もしくはその近親者だろう。いわゆるあれ、禁煙補助剤というやつです。実は10日ほど前から 飲み始めてます。先週は「薬とともにタバコ吸ってもいいよでもだんだん美味しくなくなるよ期間」だったんだけど今週頭から「もう吸うな期間」。薬に頼らな いとやめられないというのも情けない話だけど10年ほぼ毎日続けてきた習慣をバタッと止めるのはやっぱりしんどいんです。ちなみに本格的にやめようとしてるのは初めてです。(3回も禁煙に成功した!とかいう人いるけどそもそもおかしな話だよね)

「あ、 明日から食事は一切とらないでください。栄養分はこの錠剤で摂取できるのでそこは心配ないでーす」とか言われたらどうよ?食べること思い出しちゃうよね? いまそんな心境。まぁ薬のおかげなのかどうにか持ちこたえてるけど失ったモノはデカい、まだそんな気がするね。「あれ…ペットのゴンタどこいった?」「最 初からそんなのいないよ」「うそやん!昨日までいたやん!」「気でも狂ったんじゃないの?」「(オロオロ…)」みたいななんとも言えない感じ。そしてこう いう気持ちすらいずれ薄れていくことに対してもなんだか寂しくて悔しい。風化していく事件とか戦争とかのこと忘れないで!という人の気持ちも少しわかる気 がする。

そもそも止めることにした理由は特にないんだけど、「いつかやめようか…」のタイミングがたまたま今だった、というくらい。まぁ 年々体は衰えてるし、階段ですぐ息切れするし、肩こりがちだし、歩き回ると土踏まず痛くなるし、どんどん太るし、玉ズレするし(上海日記参照)、なんらか の健康対策が必要と感じた時に一番後ろめたかったのが喫煙でもあったので。まぁ長い目で見たら金銭的にも健康的にも時間的にも違うことに費やせるわけで。 何か新しいことはじめてみようかな。

「ゴリラの赤ちゃんを抱く」「トイレで勢いよく放尿」「AKB峯岸からライブのお誘い」「1限 目から体育」「タイ人とサッカー」…。ちなみにチャンピックスにはいくつか副作用があって、吐き気とか鬱気味になるとかに加えて「普段と違う夢を見る」と いうのがあって上記は最近の夢メモ一覧。確かにいつもと違う気がする。というか夢をよく覚えてる気がする。そして出てくるメンバーが大体10年以上前に知り合った人とか(峯岸のみ例外だけど特別な思い入れはない)がほとんど(さらに言うとゴリラ飼ったことも抱いたこともない)。10年以上、というのがちょうどタバコ吸う時期とクロスしてるんだけど何か関係があるのか…これが噂のグランドクロスか!

ちなみにこれも10年近く前に書いた漫画の1シーン。