1 pixel / Grandma

Spring 2015, my grandmother passed away. When moving to funeral event, in order to beguile blue mood, I took a lot of photos of my hometown's sceneries from the train. I thought at that time, somewhere in these sceneries, cremated and ashed grandmother might be floating. She was very willful woman. She can not have disappeared. I know it is extreme thinking, even though as 1 pixel, she is supposed to get into the frame. For others, these might be boring landscape photography. But for me, these are the spectacular portraits of a deceased person. And this project is also an attempt to beautify our memories that are full with quarrels.

2015年春、祖母が他界しました。モヤモヤとした気分を紛らわせるため、葬儀や法事のための移動の際には電車の中から故郷の風景の写真をたくさん撮りました。そのときふと思いました。もしかしたら、この景色のどこかに、火葬場で焼かれて灰になった祖母が漂っているかもしれない、と。自己主張が強くあんなにわがままだった祖母が簡単に消えてなくなるはずはありません。極端な考えだとは思いますが、たとえ1ピクセルだとしてもこびりつくように写り込んでくるはずです。これらの写真は他人にとってはただの風景写真かもしれませんが、私は壮大な遺影として捉えています。このプロジェクトは、喧嘩の多かった祖母との思い出を美化するための試みでもあります。