Prepared Journey

34_Mankichi_Shinshi.jpg
 
 

Prepared Journey

I have traveled in various countries so far and have taken photos of the city in search of “new scenes”. And I saw the photos many times and often uploaded them onto the internet. Of course, I thought I have done all of them with my own will. However, when I watch the articles on the internet where my photos are posted, I feel as if it is a record of the journey of others. Only the scenes have been peeled off from my memory of the journey, and it seems that they are going to go somewhere far away. Perhaps, it's not me who is traveling, but the scenes. Like a honeybee is used as a means of pollination of plants without knowing, the photographer may only be a carrier of scenes traveling along a prepared journey. Here are the photos taken in South Asian journey from 2017 to 2018, but by looking at them while doubting that I had been manipulated by someone then, I can feel something like a personality of the scenes beyond the place and time. The travel scenes are also meme that evolve through people. And the more I become conscious of it, the more I will be dominated by “new scenes”.

これまでにさまざまな国を旅し、“新しい風景”を求めて写真を撮り歩いてきました。何度もその写真を眺め、インターネット上にもアップしてきました。もちろんその全てを自分自身の意思で行ってきたつもりです。しかし自分の写真が掲載されたネット上の記事を見ていると、なんだか他人の旅の記録のように感じることがあります。自分の旅の記憶から風景だけが乖離し、どこか遠くへ行こうとしているようなのです。もしかしたら旅をしているのは私自身ではなく、風景の方なのかもしれません。ミツバチが知らず知らずのうちに植物の受粉の手段として利用されているように、写真家はあらかじめ決められた旅路を行き交う風景の運び屋でしかないのかもしれません。ここに並べているのは2017〜2018年に南アジアの旅路で撮影した写真ですが、何かに操られていたのではないかと疑いながら見てみると、場所や時間を超えた風景の人格のようなものが感じられる気がします。旅の風景もまた、人を介して進化するミームなのです。そしてそれを意識すればするほど、“新しい風景”に支配されてしまいそうです。